「ドライアイスの煙ってなに??」
 
ドライアイスは二酸化炭素を特殊な装置を使って圧力をかけ、冷却して固体化したものです。
ですので、白いけむりのように見えているのはドライアイスがとけて出てきた二酸化炭素!!
・・・ではなく、実は白く見えているのは水です。

ドライアイスの温度は、マイナス78.5℃です。
水が凍るのは0℃なので、ドライアイスは氷よりずっと低い温度です。

コップの水にドライアイスを入れると、水の中にできた二酸化炭素の泡に、白い煙がモクモク見えます。
この煙はコップの水がドライアイスで冷やされて、小さな氷や水になったものなのです。
ちなみに、コップにお湯を入れてドライアイスを入れると、温度差が水よりも大きい為、より激しく
煙がでます。
よく、ステージでの演出やイベントでドライアイスの煙が使われているのは、これを利用しています。

%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b9%ef%bc%93

また、ドライアイスを空気中に置くと、白く煙が見えます。
これは、空気中の水蒸気がドライアイスに冷やされて、氷や水のつぶになったものです。
白いもやもやが少したつと消えて見えなくなってしまうのは、氷や水のつぶが水蒸気に戻るからです。
 
 
 
%e6%b3%a8%e6%84%8f
ドライアイスは、直接皮膚に触れると凍傷を生じることがあるので、必ず手袋などをして扱うようにして下さい。
 
 
 

ページ上部へ戻る