「葬儀社が超低温冷凍でドライアイスを保管するメリットは?」
 
あまり一般的ではありませんが、葬儀にドライアイスは必需品です。
ご遺体を保管する時には、ほとんどの場合ドライアイスを当てて腐敗を防ぎます。
また、ドライアイスは、遺体と一緒にしたまま火葬しても有害ガスが出ないというメリットもあります。

このように葬儀に必要なドライアイスですが、保存が難しく在庫をかかえると、数日で溶けて(昇華)しまいます。

ドライアイスは-78.5℃の固体なので、そのままおいて常温の場所に置いておくと、外気温・湿度・風の影響を受けて溶けていきます。
また、-20℃の一般の冷凍庫に入れても、ドライアイス自体の温度が-78.5℃なので、保管する事は出来ません。
ここでドライアイスの保管用に開発されたのが、-80℃の超低温冷凍庫や-70℃の超低温冷凍庫です。

-70℃の超低温内では、ドライアイスは、144時間(6日間)で約-24.9%
-80℃の超低温内では、ドライアイスは、144時間(6日間)で約-17.8%という驚異的な昇華率です。
-70℃と-80℃のドライアイスの昇華率の差が、わずか7%なので-70℃の超低温冷凍庫は、経済的なドライアイスの保管にお勧めです。

ドライアイス昇華実験

このように、常時在庫を抱えておかなければいけない葬儀社さんにとって、超低温冷凍庫は強い味方です。

ページ上部へ戻る