「停電時に知っておきたいドライアイスの活用方法」
 
停電時や故障時に冷凍庫の中の食材を保管する時によくドライアイスが使用されます。
特に店舗の業務用の冷凍庫の場合は、中の食材を絶対に傷める事ができないので大量のドライアイスを使用します。

(有)ユウキでは、24時間年中無休でドライアイスを配達しています。(関西圏のみ自社便での配送)
冷凍庫が故障したので、緊急に配送して下さいと言う依頼がよくきます。
「どれくらいのドライアイスが必要ですか?」と言う質問が一番多いので目安数量を掲載しておきます。
参考にして下さい。

【目安の数量】
20ℓくらいの大きさの冷凍庫の中を24時間冷やす場合は、約10Kgのドライアイスが必要
40ℓくらいの大きさの冷凍庫の中を24時間冷やす場合は、約16Kgのドライアイスが必要
80ℓくらいの大きさの冷凍庫の中を24時間冷やす場合は、約25Kgのドライアイスが必要

効率的に冷凍庫を冷やすには!
ドライアイスは冷気によって物を冷やします。
この冷気は空気より比重が重いので、出来るだけドライアイスを上に置くようにして下さい。
冷気が下に降りて、下の食材を効率よく冷やす事ができます。

ドライアイスの図

もっとドライアイスを詳しく知りたい方はコチラをクリック

ページ上部へ戻る